白壁蔵

仕込み

「麹」「蒸米」「水」を、いくつかの半切り桶に入れ仕込みます。
[水]全体の約80%が水分である清酒にとって水は重要です。白壁蔵での酒造りにはすべて灘の名水「宮水」で醸されます。この宮水を使用すると、発酵は力強く進み、切れの良い味わいの酒になります。
[麹]麹とは、蒸米に麹菌を育成させたもののことです。麹菌がつくる酵素の働きによって、白米のデンプンを酵母が利用できる糖分に分解します。
[蒸米]白米のデンプンをα化させることで、麹菌が繁殖しやすくなり、また熱を加えることによる殺菌効果によって、その後の酒造りを安全に進めます。

次へ

伝統製法「生酛造り」

  • 仕込み
  • 手酛
  • 酛摺り(山卸し)
  • 酛寄せ
  • 酒母(酛)